i-smile(アイスマイル)に口コミが集まる驚きの理由

i-smile(アイスマイル)に口コミが集まる驚きの理由

他の英会話教材を圧倒するほどに、数多くのレビューが集まっているのがi-smile(アイスマイル)です。もちろん、そこには実現するべく開発者側の並々ならぬ努力があるわけですが、それだけだとあまり説得力がないですよね。

そこで今回はi-smile(アイスマイル)に対するさまざまな意見に目を通しながら、この英会話教材に口コミが集まる理由を考察してみました。i-smile(アイスマイル)の魅力を、別の視点から見れるようになっているので、ぜひ他の英会話教材と比べるときに活用してみてください。

英語嫌いな人に適した教材だから

英語嫌いな人に適した教材だから

口コミが集まる理由はふたつあります。そのひとつが、この英語嫌いな人に適した教材だったからということです。以下にi-smile(アイスマイル)がどのように人の心を掴んだのか、英語が嫌われる理由を解説しながらご紹介しましょう。

英語嫌いにある共通点

英語が嫌いな理由は、人によって違いますが、共通点がないわけではありません。そのひとつが、英語を覚えなければいけないものとしている点です。

英語は単語を覚えるもの、英語は文法をマスターするものと考えてしまっている。それで覚えるためには何をしなければならないか、ということで、英単語を何度もノートに書きつけたり、教科書に載っているフレーズを空で言えるように暗記する作業をしてしまっています。それだと確かに苦痛ですし、英語から離れてしまうのも無理はありません。

覚えるだけでは話せない

学校のテストで点を取るためなら、その方法を取らなければいけないときもあるでしょう。ですが結論から書くと、英会話ができるようになるためだったら、それは不要です。ある程度の単語、ある程度の文法を知っておく必要はありますが…それでも今までやってきた単調な記憶作業をする必要はまったくありません。なぜなら英単語やフレーズだけ覚えても、話せるようにはならないからです。

英語嫌いの心をわしづかみ

i-smile(アイスマイル)のある意味衝撃的とも言える点は、そこをはっきりと明確に示しているところです。i-smile(アイスマイル)では、従来の英語勉強でしていたような退屈な記憶系の勉強を一切させません。学校の授業だけを受けてきた人だと不安になるくらいの、まったく新しいスタイルで指導するのです。

例えばi-smile(アイスマイル)には、1回15分のドラマによる授業があります。これは最初から最後までドラマの内容を覚えようとする意識は必要なく、ただ見るだけです。またi-smile(アイスマイル)には、復習用としてアプリゲームがあります。これは普段スマホゲームをしているような感覚で、ただ遊ぶだけです。他にもいろいろな要素がありますが(詳しくは「口コミで話題沸騰!ドラマで英会話『i-smile(アイスマイル)』の謎」)、いずれにしても、こうした単純かつシンプルな授業しかi-smile(アイスマイル)は行いません。

この革命とも言える勉強方法は、英語が嫌いだった多くの人の心を捉えました。こんなに簡単ならちょっとやってみようかな、そう思う人がどんどん参加したんですね。そして口コミが増えていった、というわけです。

英語勉強を諦めた人を助ける教材だから

英語勉強を諦めた人を助ける教材だから

口コミが集まる理由のふたつ目をお伝えしましょう。それはi-smile(アイスマイル)が、英語勉強を諦めた人を助ける教材だからです。ここでも同じく、共通点からお伝えした上で、どのように口コミが多数寄せられるまでに至ったのか説明します。

英語勉強を諦めた人の共通点

英語勉強を諦めた人の共通点もさまざまですが、とりわけ大きいのが気持ちがついていかなくなる点です。とてもやる気があったのに熱が冷めるようにモチベーションが落ちた、という理由で勉強を続けられなかった人が少なくありません。

このようなことが起きる理由としては、受講者と教材、受講者と講師に距離があるためです。どんな勉強でもそうですが、必要なものをただ淡々と教えるだけでは、本人のやる気を引き出すことはできません。ただ英語勉強ではそうしたケースが多く、今も発生しているので、英語勉強を諦める人が後を絶たないのです。

i-smile(アイスマイル)はいつでも生徒に寄り添う

i-smile(アイスマイル)に口コミが集まる理由は、この距離が開かないように工夫がされているからです。例えば24時間体制の問い合わせ窓口。あれはいつでも相談でき、受講者が悩みを抱えずにしてくれるものですが、まさに距離を詰めるものと言えます。

LINEを使ってフィードバックをしているのも同じです。普段使い慣れているアプリにし、使いやすさを重視している点は、まさに受講者との距離を縮めようとしているからに他なりません。こうした細かなケアがあるからこそ、さまざまなメソッドが活き、諦めていた人もi-smile(アイスマイル)でやりきることができるのです。

最後に

最後に

i-smile(アイスマイル)に口コミが集まる理由を、ふたつ解き明かしました。英語が嫌いな人や英語勉強を諦めた人は、日本にはたくさんいます。そのため、i-smile(アイスマイル)は群を抜いて口コミの数が多いのです。もし上述した人たちの特徴に当てはまっているのであれば、i-smile(アイスマイル)が適切な教材なのは間違いないでしょう。

i-smileの公式HPを見る TOPページを見る