レビュアーからi-smile(アイスマイル)の効果アップポイントを入手!

レビュアーからi-smile(アイスマイル)の効果アップポイントを入手!

「i-smile(アイスマイル)をどうか選んでほしい」

これは私ではなく、i-smile(アイスマイル)のレビュアーからの声です。特にさまざまな英会話教材を取り組んでいる人ほど、そうコメントしています。なぜなのかについては、i-smile(アイスマイル)の特徴やメリットについては、「口コミで話題沸騰!ドラマで英会話『i-smile(アイスマイル)』の謎」で解説しているので、そちらを先にお読みください。

この記事はi-smile(アイスマイル)の魅力をご紹介というより、レビュアーの話を聞いて判明したi-smile(アイスマイル)の効果を高めるための方法、という実践的な内容です。ただi-smile(アイスマイル)をまだ検討中の人も、知った分だけ他の英会話教材よりも確実に違った効果が期待できます。ぜひメソッドと一緒に抑えておいてください。

i-smileの公式HPを見る

日常生活に英語を取り入れてみる

日常生活に英語を取り入れてみる

多くのレビュアーからヒアリングすると、効果アップの方法のひとつは「日常生活に英語を取り入れてみる」ことでした。i-smile(アイスマイル)で習った英語を、普段の生活で積極的に使うと理解度が深まった、と話すレビュアーが多く、これを意識したところi-smile(アイスマイル)がさらに楽しくなったと話す人がほとんどだったのです。

家族や友人と英語で話す

日常生活に取り入れると勉強効果がアップするのは、考えてみればとても当たり前なことですよね。英語は言語ですから普段のコミュニケーションで使うものですし、それさえできれば身についていると間違いなく言えます。なので、レッスン期間中に何かしらのフレーズを日常の中でアウトプットすれば、それはそのまま実践スキルを磨いていることになるのです。

いきなりペラペラと話すのは難しいと思うので、まずは「おはよう」「Good morning」に変えるなど、単純なところから始めてみましょう。家族や友人に英語を身につけるためだと話しておき、少しずつ取り込んでいけば、相手も驚かずに聞いてくれると思います。

英会話カフェに定期的に行く

それでも身近な人に英語を使うのは恥ずかしい…。そんな人は英会話カフェを探してみましょう。英会話カフェとは、英語でコミュニケーションを楽しみたい人が集うサークルのような場所です。同じ目的を持った仲間が集まっているので、英語を話すときの恥ずかしさも和らぐと思います。

英会話カフェを探すポイントはふたつあり、ひとつは近所を選ぶことです。定期的に通える範囲にないと、とても日常生活に取り入れているとは言えませんからね。

もうひとつは参加する人がどんな人かチェックしておくことです。英語を習いたての人がネイティブがたくさんいる場所に飛び込んでも、挨拶を交わすくらいが関の山。反対にガンガン挑戦したい人が、日本人だけのカフェを選んでしまったら物足りなさが残るでしょう。不満を覚えないように、カフェのサイトやカフェの雰囲気がわかる写真を事前に見ておいてください。

TwitterやFacebookで募集してみる

近所に英会話カフェがない人は、TwitterやFacebookなど、SNSを使って人を集めるのもひとつの手です。自分が主催者側となるので、集める人の数や場所の設定など決めなければいけないことは多いですが、その分満足度は高くなります。1対1で会う場合は、トラブルに巻き込まれないよう注意が必要です。

勉強に適した時間・場所を見つける

勉強に適した時間・場所を見つける

もうひとつは、勉強に適した時間と場所を見つけておくことです。人には「なぜかこの時間は集中できる」「この場所は妙に落ち着くから勉強しやすい」というタイミングや環境があります。それを早く見つけられるほど、i-smile(アイスマイル)のレッスン効果はぐんぐん上がると多くのレビュアーが言っていました。

おすすめは勉強内容によって変えること

こうした勉強に適した時間や場所というのは人それぞれなので、いつがいい、どれがいいという指摘は難しくあります。日々の生活を振り返るなどして探してみてください。

特定の時間や場所は言及できませんが、勉強内容によってそれらを変えるほうがいいでしょう。i-smile(アイスマイル)にはドラマによるレクチャー、ゲームによる復習など内容が異なります。例えば朝7時は頭が冴えているのでドラマを見て新しいことを取り入れる、ゲームは仕事が終わったあと布団に寝転がりながらする、などです。こうすれば自ずと効率も上がっていきます。

思い切った気分転換も大事

もちろん、一度決めたからといって変えてはいけないルールはありません。いつものファミレスに行ったけど、その日は疲れていて勉強する気が起きない、というときは絶対にあります。そのときは変に粘ったところで思うように勉強できないのは明白ですから、思い切って自宅学習に切り替えるか、別の店に行くのをためらわないようにしましょう。

最後に

最後に

i-smile(アイスマイル)のレビュアーの中には、英語が本当に嫌いだった人もいれば、頑張ろうと思っていたのに挫折してしまい、悲しい思いをしている人もいます。今回ご紹介したことは、そのような人たちに共通していたものなので、ほとんどの人に効果があると言えるでしょう。英語で確実に人生を変えたい人は、i-smile(アイスマイル)の選択を強くおすすめします。

i-smileの公式HPを見る
「i-smileのレッスンとは」の関連記事一覧
「i-smileのレッスンとは」の記事をもっと見る TOPページを見る