あえて伝えたいi-smile(アイスマイル)のデメリット

あえて伝えたいi-smile(アイスマイル)のデメリット

ドラマで英会話を学ぶi-smile(アイスマイル)は、その簡単さで多方面から注目を浴びています。

ただその中には若干否定的な口コミがあるのも事実で、「口コミで話題沸騰!ドラマで英会話『i-smile(アイスマイル)』の謎」ではi-smile(アイスマイル)を始める前の人のコメントをご紹介しました。

ここでは実際にやってみた人のネガティブな感想から、i-smile(アイスマイル)のデメリットや特徴について解説します。レッスンを受ける前の参考のひとつとしてください。

目的によって合わない人がいる

目的によって合わない人がいる

最初にわかったことは、ある人によってはi-smile(アイスマイル)で満足のいく結果が得られないということです。多数の評価を見ていると一見i-smile(アイスマイル)は万能のようですが、どのような人には不向きなのでしょうか。順にご説明します。

受験やテストの対策には不向き

口コミの中には「i-smile(アイスマイル)をやったけど、思ったようにテストの点が上がらなかった」「普段使うような単語やフレーズは覚えられるけど、それ以上の学習には向いていない」というものがありました。このような口コミを寄せている人の共通点は、学校で成績を上げたい、試験に受かりたいというもの。i-smile(アイスマイル)での学習では足りず、予備校や学習参考書などで結局対策をしたという人たちでした。

あくまで日常英会話

i-smile(アイスマイル)は、ドラマを2か月継続して見ることでネイティブと難なくコミュニケーションが取れるように作られたプログラムです。そもそも高校以上で身につける単語やフレーズは、ネイティブでさえ一般的な会話をするときに限ればあまり使わないそう。彼らは中学レベルの英語を駆使して、さまざまな表現をしています。それに対応した教材なので、受験勉強やテスト対策には不向きなのは当然と言えば当然でしょう。

どんな英語を身につけたいか

i-smile(アイスマイル)はハイレベルな語学スキルを手にするのには向いていません。しかしそれは、逆に英会話をスピーディーに身につけたい人には適した教材とも言えます。なぜなら最低限の語彙と表現力だけをピンポイントで教えてくれるから。だからこそ2か月という短期間で英会話が不自由なくできるのです。

目的が合えば強い見方になる

もしあなたが難しい英語はいらない、とにかく早く話せるようになりたい、という人であればi-smile(アイスマイル)はこの上ない味方になってくれるでしょう。ドラマによる楽しい英会話レッスンと、有名大学の理論を駆使したメソッドであなたのスキルはぐんぐんアップしていきますよ。

リアルな英会話ができない

リアルな英会話ができない

i-smile(アイスマイル)のもうひとつのデメリットは、リアルな英会話ができないということです。ここで言うリアルとは、直接面と向かってコミュニケーションを取ること。i-smile(アイスマイル)ではオンラインでの英会話レッスンも用意されていますが、あくまでモニター越しとなっています。

モニター越しの英会話

テレビ電話をしたことがある人ならわかると思いますが、画面越しの人と話すとき、例え生身の人が話をしていたとしてもどこかリアルに欠ける感覚があります。i-smile(アイスマイル)でもこうしたどことない欠落があるので、もし英会話は相手と直接話すのが必要不可欠、と考えている人には不向きです。

緊張感は同じ

ですが英会話レッスンにおいて重要なのは、直接話してトレーニングすることではなく、直接話せるようにトレーニングして感覚を掴んでいくことです。実際にi-smile(アイスマイル)をやってみると確かに面と向かって話すリアルさはありませんが、相手が生身の人間である以上緊張感は同じです。この緊張感を味わいながら自分が身につけた英語を発音をしていくので、リアルと同じようなトレーニング効果は間違いなく得られます。

リアルを取るか利便性を取るか

むしろ相手に直接会いに行く手間が一切ないので、利便性は圧倒的にi-smile(アイスマイル)のほうが上です。出かける準備をする手間も移動する時間も使わずに済みます。毎回のようにレッスンの予約をする面倒も一切ありません。どうしてもリアルにこだわる人にとってi-smile(アイスマイル)は不向きですが、リアルと似たような効果でいいから手軽にレッスンを受けたい人にはi-smile(アイスマイル)が適しています。

最後に

最後に

i-smile(アイスマイル)のデメリットは、目的によって合わない人がいること、リアルな英会話ができないことです。ですがそれは、i-smile(アイスマイル)が楽しく英会話を学ぶために考えられたからこその結果。効果が低いことを表すものでは決してありません。この記事が、失敗しないi-smile(アイスマイル)選びの助けになったのであれば幸いです。

i-smileの公式HPを見る TOPページを見る