i-smile(アイスマイル)のドラマ内容を少しだけ解説

i-smile(アイスマイル)のドラマ内容を少しだけ解説

他にはなかった教材だ、と言われるi-smile(アイスマイル)。そのひとつには、日本語のドラマを通じて英語を学ぶレッスン形式にあります。これだけ聞くと、信じられない…という気持ちになりますし、そううまくいかないんじゃないか、と思ってしまうことでしょう。

そこでこの記事では、i-smile(アイスマイル)のドラマについて、少しだけ内容を解説しながらご紹介したいと思います。メソッドや効果だけでなく、もう少しレッスンの内容そのものを知ってから購入を検討したい人は、ぜひ参考にしてみてください。

i-smileの公式HPを見る

i-smile(アイスマイル)のドラマ「The Game of Life」について

i-smile(アイスマイル)のドラマ「The Game of Life」について

i-smile(アイスマイル)のドラマは、「The Game of Life」というタイトルです。i-smile(アイスマイル)に入会して5日目から、ドラマの配信が始まります(1~4日目は何をするのかについては、『i-smile(アイスマイル)が「優しい教材」とわかる3つのこと』で詳述しています)。

ドラマの構成

「The Game of Life」のメインとなる人物は、1組の夫婦です。ドラマは夫婦間での出来事が中心で、ときおり夫の母親やその他の人物が登場します。シチュエーションは「物をとってもらう」「道案内~提案&お願い~」「飲食店で~予約&注文&会計~」などがあり、それぞれ3~8個のエピソードがあります。

主題歌に隠された秘密

ドラマでは、毎回i-smile(アイスマイル)独自の主題歌「I Smile in the Rain」が流れます。ちなみに作曲はスウィンキーさん、作詞はデイビッドセイン先生です。実はこの主題歌には少し秘密があり、実はひとつひとつのフレーズに、A~Zが順に使われています。主題歌の歌詞は、i-smile(アイスマイル)に申し込むと見ることができるようになるので、ぜひ入会したら確かめてみてください。

口コミで好評

i-smile(アイスマイル)のドラマは、実際に役者として活躍している人たちと、民放のドラマを制作しているような会社によって作られています。そのため、そのクオリティは、テレビのドラマとまったく変わりません。ちょっとした小芝居でくすっと笑わせてくれたり、嫌な登場人物を出して続きが気になる展開を見せるなど、受講者が飽きないような工夫がこらされています。

そのため「本当に面白くてドラマだけ何度も見てしまった」「i-smile(アイスマイル)のドラマがなかったら英語が話せなかったかも…」と、i-smile(アイスマイル)のドラマは口コミでも好評です。英語を話すときに自ずとドラマの情景が頭に浮かぶ、という人もいて、英語上達に大きな影響をもたらしていると言えます。なお、i-smile(アイスマイル)のドラマに関する口コミは、「口コミで話題沸騰!ドラマで英会話『i-smile(アイスマイル)』の謎」でも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ドラマを見終わったら

ドラマを見終わったら

i-smile(アイスマイル)は、ドラマの視聴がすべてではありません。ドラマで見聞きしたフレーズを、実際の会話で使えるようになるためのレッスンをしてくれます。次は、その流れについて解説しましょう。

字幕に合わせて発音

ドラマを見終わると、デイビッドセイン先生や小野あきこ先生が登場します。「Let’s smile English!」という掛け声のあとドラマの一部が再生され、その部分のセリフを、今度はデイビッドセイン先生と小野あきこ先生が英語で発音してくれます。受講者は、その後再生された英語の字幕のみ(音声なし)のドラマを見て、発音練習します。

エクササイズに挑戦

動画を見終わったら、次にエクササイズです。動画内で使われていたフレーズを、今度は耳で聞きながら発音していきます。このとき、できる限りスクリプト(台本)を見ないのがポイント。視覚情報に頼ってしまい、耳が英語に慣れていかないからです。

ゲームで復習

最後にゲームによるトレーニングです。ドラマのフレーズを使った簡単なゲームをプレイして、得点を競いながら復習をしていきます。

このように同じフレーズでも、口・耳・手と違った感覚を使わせるのがi-smile(アイスマイル)の特徴と言えます。多数の感覚を使うことで、ただ机に向かって勉強するよりも、スピーディーかつ着実にマスターできるようになっているのです。

課題提出

また、3~4日に1回のペースで、課題提出をしなければならないのもi-smile(アイスマイル)ならでは。課題内容は、エクササイズで行った発音です。できなかったからと言って咎められることはないので、欠かさず提出するようにしましょう。

最後に

最後に

i-smile(アイスマイル)のドラマ「The Game of Life」は面白く、中には良い意味で英語勉強をしていることを忘れてしまう人もいるほどです。私もi-smile(アイスマイル)で勉強してきたので、その熱中してしまう気持ちはよくわかります。「i-smile(アイスマイル)って面白そうだな」と、この記事をきっかけに思っていただけたら幸いです。

i-smileの公式HPを見る
「i-smileのレッスンとは」の関連記事一覧
「i-smileのレッスンとは」の記事をもっと見る TOPページを見る