i-smile(アイスマイル)受講者に配布するオーディオブックとは?

i-smile(アイスマイル)受講者に配布するオーディオブックとは?

英会話教材i-smile(アイスマイル)には、多くの特典が驚くほどあります。そのひとつが、5冊のオーディオブックの配布です。i-smile(アイスマイル)の口コミには、このオーディオブックを高く評価するものもあり、受講者にとっていかに有用であるかがわかります。

この記事では、オーディオブックの内容と、実際に使ってみて感じたメリットをご紹介。i-smile(アイスマイル)がどれほどお得な教材か、この記事を読み終わる頃にはきっと把握できていることでしょう。

i-smileの公式HPを見る

オーディオブックの詳細

オーディオブックの詳細

i-smile(アイスマイル)で配布してくれるオーディオブックは、次の5種類です。

・Part1「覚えなければ仕事にならない電話フレーズ30場面」

・Part2「英語de世界の昔話」

・Part3「英語de日本の昔話」

・Part4「聴いているだけで…元気になる英語」

・Part5「脳にしみ込む英語」

では、これらがどのような内容なのか、順に解説します。

Part1「覚えなければ仕事にならない電話フレーズ30場面」

その名のとおり、ビジネスで使える電話英語を教えてくれる教材です。5本の音声ファイルがあり、「01 Telephone Introduction」で簡単な紹介を流したあと、「02 Telephone English Part 1」から「04 Telephone English Part 3」でさまざまなフレーズをレクチャー。最後の「05 Telephone English Part 4」でアウトプットの練習ができるようになっています。「覚えるフレーズが短い」「丁寧な日本語でリードしてくれる」「一本一本の再生時間が短い」のが特徴です。

Part2「英語de世界の昔話」

世界の昔話を使って英語を学ぶ教材です。まず、この教材では、昔話に登場してくる重要なキーワードの英単語と日本語訳をひと通り習得。その後、英語と日本語が入り交ざった昔話を視聴します。そして最後に、英語のみの文を聞いていく、という流れです。収録されている昔話は、「The Little Match Girl(マッチ売りの少女)」「The Boy Who Cried Wolf(オオカミ少年)」「The North Wind and the Sun(北風と太陽)」など、全部で10個あります。

Part3「英語de日本の昔話」

Part2の日本昔話バージョンです。「Peach Boy(桃太郎)」「Princess Kaguya(かぐや姫)」「The Monkey and the Crab(さるかに合戦)」など、全6話が用意されています。

Part4「聴いているだけで…元気になる英語」

先人や偉人、名もなき一般の人たちが残した言葉を英語で聞く教材です。ここでは英語とそれに対応する日本語を交互に聞き、最後にもう一度英語を聞いていきます。何度も視聴していると、不思議と心が前向きになれるので、心を落ち着かせたいときや、ふさぎこんでいるときに聞くのもいいでしょう。音声のスクリプト(台本)がないのも特徴です。

Part5「脳にしみ込む英語」

日常英会話のフレーズを視聴する教材です。Part4と同じように、英語と日本語を交互に聞いたのち、最後に英語をもう一回視聴して、発音や表現方法を習得するという流れになっています。シチュエーションの数は、全部で27個。「Let’s study」「Let’s cook something」「Let’s wash the dishes」など、日常生活に役立つものばかりです。

オーディオブックのメリット

オーディオブックのメリット

i-smile(アイスマイル)に用意されているオーディオブックは、追加料金なしでもらえる特典とは思えないほどに濃い内容となっています。では、具体的にこのオーディオブックから得られるメリットは何か。以下に、口コミからわかった3つを、順にご紹介していくことにしましょう。

オーディオブック代が浮く

i-smile(アイスマイル)に収録されているオーディオブックは、そのいずれもがAmazonなどで販売されているものです。しかし、今回の特典はi-smile(アイスマイル)の料金のみ支払えば、無条件で付いてきます。一冊1,000円程度なので、つまり実質オーディオブック代、約5,000円(1,000円×5冊)がゼロになるということです。

力試しができる

口コミを見ると「i-smile(アイスマイル)のドラマやゲームなど、メインのレッスンで訓練したことを腕試しするのにちょうどよかった」というものがありました。簡単すぎず難しすぎない絶妙なレベル設定が、受講者の方にとって満足するポイントだったようです。また、さまざまな内容の英語を聞くことで会話内容のバリエーションが増えたという人や、ネイティブとちょっとした雑談ができるようにもなった人もいました。

自然と英語を聞き取れるようになる

オーディオブックは、英語を耳から取り入れる訓練を繰り返すもの。このおかげで、知らない英語でも何となく聞き取れる、という実感をほとんどの人が掴んでいます。それによってますます英語が楽しくなった、という人も少なくないので、i-smile(アイスマイル)の副教材に適していると言えます。

最後に

最後に

i-smile(アイスマイル)のオーディオブックは、音声だけを聞きながらトレーニングをしていくものです。i-smile(アイスマイル)の他のレッスンとは、また違った練習方法になので、気分転換に利用するのもおすすめですね。別の英会話教材と比べている方は、ぜひこのオーディオブックと同じ内容のものがあるかも、一緒にチェックしてみてください。

i-smileの公式HPを見る
「i-smileのレッスンとは」の関連記事一覧
「i-smileのレッスンとは」の記事をもっと見る TOPページを見る