デイビッドセインについて改めて調べてみた

デイビッドセインについて改めて調べてみた

英語教材i-smile(アイスマイル)がリリースされたとき、ネットではちょっとした騒ぎになっていました。

「あのデイビッドセインが、まったく新しい英語教材を生み出した」という類のコメントが各所で現れ、i-smile(アイスマイル)は次々と高評価を獲得していきました。そして今は「やっぱりデイビッドセインは本物!」という口コミも多数寄せられています。

i-smile(アイスマイル)でさまざまな人が上達する理由のひとつに、デイビッドセインが関わっていることは一目瞭然でしょう。この記事では彼の実績をあらためて調べ、彼が作ることで何が違うのかについて詳しく解説しています。

i-smileの公式HPを見る

デイビッドセイン先生の実績はいかに

デイビッドセイン先生の実績はいかに

デイビッドセイン先生は、英語教育の第一人者とも言えるほどのパイオニア的な講師です。確かな実力と類まれなセンスで、これまで華々しい実績を積み重ねてきました。この章で詳しく見ていきますね。

日本語のスキルを現場で磨く

1959年アメリカ生まれの先生は、20代中頃にフリーランスの翻訳・通訳として活動。すでにその頃から日本語のスキルが高かったのでしょう。「スバル/いすゞ合併会社」「日立製作所証券会社」など大手の会社と取引をしていました。

その後1986年から1990年まで一度証券会社で働き、彼は来日します。1990年10から再度フリーランスの翻訳・通訳となり、今度は「日産自動車」「富士重工業」「日本テレビ」などと取引して実力を発揮。その間にバベル翻訳外語学院の翻訳講師やISS通訳研修センターの通訳講師も務めるなど、日本語のスキルを多くの現場で磨きます。

会社取締役として英語教育に貢献

1998年、デイビッドセインはAtoZ Education株式会社取締役となりました。その会社で彼は英語をテーマに出版物の企画や編集、多ジャンルの翻訳、国際ブックフェアにおけるミーティングの手配、翻訳出版するためのシノプシス(映画や小説のあらすじ)作成など、さまざまなサービスを提供。まさに「AからZまで、すべてを手がける」という社名どおりの活動をこれまでの経験を活かして行っています。

凄まじい量の書籍を執筆

彼の実際の活動を紹介する際、書籍執筆については欠かせません。なぜなら彼は300冊以上という凄まじい量の本を出しているからです。20数年前に来日してからと考えても年間約15冊、毎月1~2冊の本を出している計算になります。そうでありながら累計発行部数が400万部を超えているので、どの本も一切手を抜かずに書かれていると言えるでしょう。

テレビ出演・新聞掲載・英語教育サイトの監修も複数担当

さらにデイビッドセイン先生はNHKの日本語学習番組にレギュラー出演を果たしたり、日経新聞や朝日新聞でコラム連載もしていたりとメディアにも進出しています。「セイン英語ジム」という受験用のサイトをはじめ複数の英語教育サイトも監修し、どのサイトもユーザーから大変な人気があるようです。

先生が作ることで何が違うのか

先生が作ることで何が違うのか

これまでの説明からすべてを語るためには相当な時間が必要、そう思わせるくらいの活躍ぶりが伝わったことでしょう。ひとつにまとめるのは非常に難しいのですが、英語教育において必要不可欠な技術に長けていることは間違いないですね。

ではその先生が作ったi-smile(アイスマイル)は、ほかの英語教材とは何が具体的に違うのか。ここで詳しく解き明かしていきますので、ぜひ最後まで読んでください。

英語が苦手な日本人をよく知っている

先生はその優れた語学力で、英語と日本語を結びつけるような仕事をずっとしています。そこでさまざまな経験をする中で、「どのように英語を話せば」「どのように英語を伝えれば」相手に効率よく伝わるのかを常に考えてきたことでしょう。

いろいろなメソッドで提供

i-smile(アイスマイル)にはそこで導き出されたノウハウとこだわりが多数詰まっています。「ドラマを真剣に作ること」「マサチューセッツ工科大学と協力してスマート字幕を導入すること」など。メソッドという形で、デイビッドセイン先生はレッスンを受ける人にノウハウを提供しています。

楽に確実に英語を学ぶ

最も彼が大切にしているのは、英語を楽に確実に学んでもらうことです。楽しくなければ飽きてしまいます。確実性がなければ続きません。これまで多くの日本人を見る中で苦手な理由を見抜き、その対策としてi-smile(アイスマイル)は作られているのです。だからこそ多くの人が成長し、英語が話せるようになったと喜びを感じているのですよ。

最後に

最後に

デイビッドセイン先生について改めて調べると、i-smile(アイスマイル)が思いつきで作られたものではない、レッスンを受ける人をがっかりさせるようなものではないことがはっきりとわかりました。デイビッドセイン先生が作ったi-smile(アイスマイル)は、英語を学ぶ楽しさをあなたに教えてくれるでしょう。

i-smileの公式HPを見る
「i-smileの詳細・特典」の関連記事一覧
「i-smileの詳細・特典」の記事をもっと見る TOPページを見る