トップレベルの教材と英語講師に言わしめたi-smile(アイスマイル)

トップレベルの教材と英語講師に言わしめたi-smile(アイスマイル)

i-smile(アイスマイル)が発売されたとき、高校時代の英語講師が話した言葉が印象的でした。それは「i-smile(アイスマイル)はトップレベルの英会話教材」というもの。非常にセンセーショナルなキャッチコピーだったので、その言葉を聞いた瞬間のシチュエーションを、今でも鮮明に思い出すことができます。

この記事では、なぜそのように英語講師が言ったのか、当時の会話を踏まえながら理由を詳述しました。これを知れば、i-smile(アイスマイル)が他の英会話教材とどのように違うのか、i-smile(アイスマイル)の真の魅力は何かがわかるようになっています。比べるときの一助としてください。

i-smileの公式HPを見る

必要な要素を網羅した教材

必要な要素を網羅した教材

その英語講師曰く、英語を勉強するためには【インプット】と【アウトプット】双方が、同じくらい必要だと言います。また、それぞれに不可欠な要素があり、i-smile(アイスマイル)はそれらを網羅した教材だと言うわけです。まずは【インプット】と【アウトプット】の関係性について、詳しく説明しましょう。

【インプット】【アウトプット】について

【インプット】とは、すなわち入力のこと。ある物事を正しくできるようになるために、ある問題を適切に解決するために必要な知識や技術を取り込む行為です。英語であれば、会話に必要な単語やフレーズを覚えることがあげられます。

【アウトプット】とは、すなわち出力のこと。取り込んだ知識や技術を、実際に使う行為です。先程の例で言えば、覚えた単語やフレーズを発音することが当たります。

【インプット】と【アウトプット】の関係性について

英語講師曰く、英語に限らないことだが、昨今は【アウトプット】が重視されすぎている風潮があると言います。確かにそれも大事ですが、しかし今見てきたように【アウトプット】は【インプット】があって初めて成り立つもの。特に英語のような語学は、正しく【インプット】しないと変な癖がついてしまうから、【インプット】にも同じくらい目を向けるべきだと、英語講師は言うのです。そしてまさに、それを叶えているのがi-smile(アイスマイル)だと英語講師は断言しました。

【インプット】【アウトプット】の必要な要素

【インプット】【アウトプット】の必要な要素

【インプット】と【アウトプット】の関係性を見てきたので、ではそれぞれに必要な要素は何か、について説明していきましょう。

【インプット】

【インプット】に必要な要素は、簡単と効率です。つまり、いかに楽に早く身につけられるかが重要というわけですね。なぜなら、新しい物事というのは吸収するのに想像以上に体力を使うもので、簡単・効率を意識しないとすぐに逃げたくなってしまうからと英語講師は言います。

英語勉強は体力を使う

英語勉強に絡めて言えばわかりやすいと思います。これから英語勉強をする人(特にこの記事を読むような人)の多くは、おそらく英単語をフレーズを何度も書いたり、発音したりして覚えるのが苦手なはずです。それをやると思うだけで気が重くなったり、あるいはやったとしても、すぐにやめてしまいますよね。英語講師曰く、それは「勉強が苦手だから」「飽き性だから」ではなく、そもそも英語勉強自体が体力を使うもので、その上で単調な作業がのしかかるから仕方がない、と言うわけです。

ドラマによる知識の吸収

一方、i-smile(アイスマイル)は違います。i-smile(アイスマイル)の【インプット】は1回15分のドラマでするようになっていて、それを2ヶ月間続けると必要な単語やフレーズが獲得できるようになっています。ドラマは普段見慣れているものですし、映像作品と捉えれば今見ていない人はほとんどいないでしょう。これこそがまさに、i-smile(アイスマイル)の【インプット】が簡単・効率の要素を備えているということに他なりません。

【アウトプット】

【アウトプット】に必要な要素は、楽しさです。ただ【アウトプット】すると言われても、なかなかそれができない人が多いのも現状(それゆえに、【アウトプット】できる人が何かすごい人に見えるわけです)。英語講師曰く、【アウトプット】するには、それ自体が楽しいとならないと始まらないと言います。

ABCソング

i-smile(アイスマイル)の場合、【アウトプット】が楽しいと思わせてくれる要素として、ABCソングやゲームがあります。ABCソングでは、それを口ずさめば発音レベルがどんどん上がるように指導してくれるものです。ABCソングは誰もが知っている歌なので、最初からある程度できる感覚があります。まったくできないよりも、最初から少しできたほうが何となく気分がいいものですよね。英語講師によれば、これこそが楽しさの源と言うわけです。

ゲーム

それはゲームも同じです。今はスマホをみんなが持っている時代なので、アプリでゲームのひとつやふたつをしたことがあるはず。もちろん、そうでない人でもすぐに慣れるように作られています。さらにゲームの難易度自体も、直前のドラマを見ていれば高得点を取れる設定になっています。これもまた、【アウトプット】に必要な要素である楽しさに繋がっている、というわけですね。

最後に

最後に

英語講師は最後に、「i-smile(アイスマイル)が他の英会話教材と違うのは、根拠がしっかりしていることだ」と言いました。単に「効率がいい」「楽しい」ではなく、それにちゃんとした理由があるのがi-smile(アイスマイル)の特徴です。ここまで読んでくださった方が、i-smile(アイスマイル)で英語を身につけるようになっていただけることを願っています。

i-smileの公式HPを見る
「i-smileのレッスンとは」の関連記事一覧
「i-smileのレッスンとは」の記事をもっと見る TOPページを見る