皆さんは、どの方法で禁煙したいですか!?

ニコチンパッチやニコチンガムという禁煙方法

禁煙方法にはニコチンパッチやニコチンガムを用いた方法があります。
これらは所謂禁煙補助薬と呼ばれるものでユーザーからの評判も良いです。
市販薬でもあるために利用のハードルが低く、選択肢に入れやすいのもよく利用される理由です。

どちらも使い方を守って活用することが大切ですが、まずニコチンパッチに関しては貼り方にポイントがあります。
パッチから正しくニコチンを吸収させないと効果が弱くなってしまうからです。
貼る場所としては、上腕部の外側、腹部、腰の背中部分に用いるのが一般的です。
剥がれにくい場所に貼ることで吸収の妨げにもなりにくくなります。
なおニコチンパッチの使用期間は約8週間を目安に使用するのが基本です。

ニコチンガムに関してもポイントがあります。
ガムタイプですので噛むだけの使い方になりがちですが、それでは上手な禁煙方法とすることができません。
大事なのはしっかりと粘膜から吸収させることで、数回噛んで刺激が出たらニコチンが放出された合図ですから、頬と歯茎の間に置き吸収させます。
これを30~60分程度、繰り返し行うのが正しい使い方です。こちらは約3ヶ月を使用期間の目安とします。

いずれの種類にも注意点がありますが、まず妊娠中や授乳中の使用は控えることです。
タバコではないとは言えニコチンを含む物ですので害になってしまう恐れがあります。

タバコとの併用をしないことも大切です。
例えばニコチンパッチを貼りながら喫煙まですると、ダブルでニコチンを摂取することになりますので危険性があります。
禁煙補助薬ですのでタバコを止める準備ができた時に使用を開始し、使用中はタバコ自体は控えなければいけません。

長期的な使用にも注意が必要です。
特にニコチンガムは噛むこと自体に依存してしまう可能性があり、止められなくなるケースもあります。
最終的にはこれらの禁煙補助薬も不要な状態に導く必要があるため、少しずつ量を減らすといった工夫も大切です。

ニコチンパッチ、ニコチンガムの評判

ニコチンパッチには大中小のサイズがあり、それぞれ使用期間によって使い分けます。
大サイズを使用する期間は約4週間を目安にし、中サイズは約6週間目、小サイズは約7週間から8週間で使用を開始します。
サイズによってニコチンが含まれる量が異なり段階をえ経て使うことで禁煙に慣れていきます。

ニコチンガムやニコチンパッチを選ぶときは、価格や使いやすさ以外にも評判や注意点を考慮しましょう。
また、これらの禁煙方法を行う上で妊娠中や授乳中の方は使用を避けることが大切です。
胎児や新生児への影響があるため使用方法を守った上で使うことが大切です。

ニコチンガムは市販で購入ができ価格は24粒で約2000円前後となっています。
また、96粒の場合では約5000円から7000円前後で購入が可能です。
ガムタイプを選ぶ方は事前に使用期間を考えてから逆算して選ぶといいでしょう。
ニコチンパッチの場合の価格は、14枚入りで約3000円前後で購入できますが、こちらも枚数によって価格が変わります。
ネット通販で購入できますが、販売サイトによって同じ枚数や粒数でも価格に差があるので注意が必要です。

ニコチンパッチまたはニコチンガムなどの禁煙補助薬を選ぶときは、薬局などで購入できるタイプと海外製タイプのどちらにするかを考えておくことも重要です。
個人輸入で購入する場合は、実際に使用した方の口コミや評判をもとに選ぶことも大切ですが、輸入時の注意点があれば必ず守りましょう。
種類が多いため自分に合っているものを選ぶにはある程度の時間が必要です。
また、適切な禁煙方法やパッチの貼り方、ガムの服用の仕方でも期待する効果が得られないこともあるので注意しましょう。