皆さんは、どの方法で禁煙したいですか!?

ニコチンを使わない禁煙補助薬にはザイパンもある

タバコを吸うことができる場所もどんどん減っていっているし、値段自体も高くなっているということで禁煙を決意する方も多いでしょう。
ニコチン中毒は病気を発症しているようなものです。なかなか自分の意志でやめるのは大変だったりします。

禁煙薬で有名なのはニコレットでしょう。
ニコチンが入ったガムで中毒症状を起こさせないようにしながら少しずつ治していくのです。
ただ、薬とはいえあえてニコチンを体内に入れるのは抵抗があるというのであれば、ニコチンを使わない禁煙補助薬もあります。
それが「ザイパン」です。

ザイパンは、元々はドーパミン再取り込み阻害薬としてうつ病の治療のために開発されていた商品です。
有効成分ブプロピオンが脳の受容体に作用することでニコチンの中毒性や依存性を緩和する効果があることが分かり、禁煙のための薬として人気が出たのです。
その他にも脳に作用する薬はあり、脳の受容体にふたをすることでタバコを吸ってもおいしくなくするものもあります。
タバコを吸わなくても平気になり、吸う必然性がなくなることから自然に禁煙に導くのです。
一方のザイパンの場合は、ニコチンの離脱症状による苦痛を緩和させることで禁煙させます。
楽に禁煙に持っていくことができることから禁煙うつになりにくいというメリットもあります。

ただし、脳内の受容体に作用することから、頭痛や吐き気・睡眠障害・動悸・めまいといった副作用が出ることもあるため注意してください。

抗うつ薬として開発された薬のため、禁煙補助薬として日本では認可されていません。
手に入れるには個人輸入代行業者などを使うことになるでしょう。
ブプロンSRというジェネリック医薬品も出ています。ジェネリックなので有効成分は同じくブプロピオンで同じ効果効能を得ることができます。
それでいてお値段も安くなるためお得です。

副作用など異常が生じた場合には必ず医師に相談するようにして安全性に十分気をつけながら、タバコをやめられるようにしましょう。

もともとうつ病のための薬?

禁煙補助薬として知られるザイパンですが、本来はうつ病を改善することを目的で開発されたものです。
うつ病患者ではドーパミンやノルアドレナリンの調整が難しく、過剰に分泌してしまうことを防ぐために再取り込みを防ぐ手立てが必要でした。
そこで阻害薬が研究、開発され生まれたのがブプロピオンです。
後にブプロピオンは禁煙補助の効果を示すことが分かり、商品名ザイパンで市場に出されるようになりました。
禁煙時の離脱症状である気分の落ち込みなど、うつ病に似た症状を緩和する働きがあり、ニコチン置換薬以外では初めての禁煙補助薬として認可されています。
アメリカでの『臨床ガイドライン:喫煙と依存症の治療』では第一選択薬の候補に挙げられるなど、その効果はお墨付きを得ているのです。

ザイパンにはジェネリック医薬品も存在しており、ブプロンSRもその1つです。
ブプロンSRの主成分は塩酸ブプロピオンですので、ニコチンを含有しない禁煙補助剤として人気を集めています。
ザイパンと同様の成分が含有されているため、同じようにアセチルコリン受容体をブロックすることで禁煙時の症状を緩和する働きを持っています。

また、ノルアドレナリンやドーパミンの再取り込みを防ぎ、学習意欲や動機、不安や恐怖といったあらゆる感情にも作用します。
禁煙補助の目的だけでなく、こういった症状や抗うつ作用を目的としてブプロンSRを使用する方もいるほどです。
ザイバンも、そのジェネリック医薬品であるブプロンSRも本来は抗うつ薬を目的とした成分を含有しているためです。
ADHDやうつにも効果的で禁煙もできるとあって、人気を博しています。注意事項を守ることで各症状を押さえることが可能です。