皆さんは、どの方法で禁煙したいですか!?

タバコは様々な変化を遂げている

タバコの歴史は古く、紀元前10世紀にまで遡ります。
当時は今のように紙タバコは一般的ではなく、当初は儀式的な意味合いで、タバコに火をつけて煙を吸い込むというような動作で使用されていましたと考えられています。
これが世界に広まったのはコロンブスの時代にマヤ文明で行われていた喫煙の習慣をヨーロッパに持ち込んだのが嚆矢です。

普及とともに喫煙方法にも様々な工夫が加えられるようになりました。
パイプや葉巻、紙巻と喫煙形態に変化と発展がもたらされ、多様な喫煙方法で様々な人に楽しまれ、親しまれるようになったのです。

20世紀に入ると安価な機械製造方式によって価格を下げて多くの人に提供されるようになりました。
それまでは健康についての議論は活発ではなく、むしろ身体によい物として庶民の間では使用されていたのです。
20世紀に入ると健康へ害が及んでいる可能性について指摘されていくようになり、1950年頃には医学会や各国政府が集って喫煙に対するコンセンサスを図るようになるまでに至ります。

そして、喫煙することに対する社会の目は次第に厳しいものとなっていき、国によって差はあるものの規制の強化を図ることになりました。
タバコに対する税率を上げる、路上でタバコを吸う事を禁止する、飲食店での喫煙を制限するなどの政策によって喫煙率を下げる試みが行われて現在にまで至ります。

タバコ業界も健康への被害をなるべく最小限に抑えるべく、これまでのタバコに代わるものを開発することを求められるようになります。
特に近年でのタバコに代わる商品の開発は目覚ましく、アイコスやアイバディといった煙を出さず、健康への影響も少ないとされる電子タバコが開発されました。
これは、ポッドに入ったタバコ葉を加熱して使用します。
また、ハーブタバコやVAPE用リキッドといったニコチンリキッドを含まない有害性がないと考えられるものまで開発が進み発表、販売されています。

タバコのようでタバコじゃない製品

タバコというと、そのままライターで火をつけて吸う紙巻タバコが、イメージとして世間で一般的でしたが、ここ最近ではタバコにも変化が見られています。
アイコスやアイバディのような加熱式のタバコが登場して以来、街角などで、これらの製品を利用する人をよく見かけるようになりました。
火を使わないので副流煙がでず、タバコ特有のにおいがつきにくいというのがメリットといわれています。

電子タバコは現在、さまざまな種類のものが販売されています。
フルーツやハーブや、タバコのフレーバーなど、リキッドごとにさまざまな風味を味わうことができます。
かつては電子タバコは、紙巻タバコよりも健康リスクが少ないといわれていましたが、現在ではさまざま諸説あるようです。

これらの電子タバコの販売されている場所ですが、アイコスやアイバディはコンビニなどで購入することができますが、すべてのコンビニに置いているわけではないようです。
電子タバコ専門ショップなら数が豊富なのですが、電子タバコ専門ショップは都会に多く、地方では少ないです。
通販を利用すれば、送料はかかりますが、どこに住んでいても、自分の欲しいものを選ぶことができます。
ただ、ショップの中には中国人が運営しているものなどもあるのですが購入はなるべく避けたほうが無難でしょう。
粗悪品である確率が高いからです。

電子タバコの中には、葉巻タイプのものもあり葉巻を吸っているような気分になるものもあります。
またビタミンを吸う電子タバコもあり、これらの製品は一風変わっていて注目を集めているようです。
使い捨てタイプのものもあるので、メンテナンスをするのが面倒という人には向いている電子タバコです。