皆さんは、どの方法で禁煙したいですか!?

タバコの危険物質を知ったら、もう吸えない

タバコは元々世界中にあったものではなく、アメリカ大陸の先住民が行っていた習慣をアメリカを訪れたコロンブスらが15世紀の後半にヨーロッパに持ち帰り、その喫煙方法が瞬く間に世界中に伝わり、広まった経緯があります。

喫煙の害がとりざたされ始めたのは1930年代に入ってからと意外に遅く、それまで職業病として考えられてきた肺ガンは喫煙と因果関係があるという問題となり、1950年代に入ってからはその因果関係が各国で盛んに研究されました。
1960年代に入って、肺ガンが喫煙と強い因果関係があることがはっきりと認識されるようになり、世界中でタバコ・喫煙が大きな問題となりました。
またタバコに含まれるニコチンが人の脳に強く作用し、依存症となることも問題化され、その研究も行われました。

タバコの煙には3大有害物質と呼ばれるニコチン・タール・一酸化炭素が含まれています。
タールはヤニになる成分で、発ガン性物質やガンを促進する物質が数十種類以上含まれています。
一酸化炭素は酸素を運ぶ機能を阻害し、酸素不足を引き起こし更には動脈硬化を促進させます。
ニコチンには依存症にさせる作用があり、また血管内皮細胞で作られる一酸化窒素は、抗酸化作用や血管を拡張する作用など血管機能を保全する作用があります。
この働きを阻害し血管を収縮させ血液の流れを悪くする作用もありますので動脈硬化も促進します。

その他にも何十種類もの発ガン性物質が含まれており、また約4000種類の化学物質が含まれているとされています。
その中には私達の身の回りにある、取扱いにさえも注意を要する化学物質があり、主なものとしてアセトン・ブタン・ヒ素・カドミウム・一酸化炭素・トルエンなどがあります。
このように、タバコの煙は危険物質のかたまりであると言えます。

有害物質の中でも一番注意すべきものは発ガン性物質で、現在判明しているものだけでも40種類以上もの発ガン性物質があります。
それはベンゾピレン・ジメチルニトロソアミン・メチルエチルニトロソアミン・ジエチルニトロソアミン・N-ニトロソノルニコチン等々の多数挙げられ、これを知ったらもう今まで通りにはタバコを吸うことはできません。

同じ有害物質が含まれているものの例

タバコは1本でも煙の中に多数の有害物質が含まれていて、その種類は200種類以上という驚異的な数字になっています。
よく知られているニコチン、タール、一酸化窒素の他にも健康に害をなす化学物質があるのです。

例を挙げるとヒ素やトルエンです。中でもヒ素の有毒性は有名で人体への害は深刻です。
ヒ素とはもともと防腐剤などに使われているありふれた薬品であり、少量ずつなら摂取しても問題はありません。
しかし一度に大量に取り込むと中毒症状である腹痛や嘔吐が始まり、死に至る場合もあるのです。
これは急性症状ですが毎日の喫煙でヒ素が体内に蓄積すると、慢性症状を起こしボーエン病や皮膚癌や腎臓癌を発症してしまうのです。
タバコの害は肺だけに起こるのではなく化学物質が血液に乗って全身に回ることで多数の臓器の疾患の原因になってしまうのです。

同様に含まれているブタンやカドミウムやアセトンなどの危険物質も健康被害が問題になっています。
カドミウムは自動車バッテリーや電気メッキ加工の現場で使われている化学物質ですが、過去には深刻な工業病の原因になった経緯もあります。
カドミウム中毒になると発熱などのインフルエンザ様症状や気管支やその他多臓器不全を起こし、死のリスクを伴います。

またブタンはカセットガスなどに使われていますが、直接吸引すると麻酔作用が発生して幻覚を見るなど、脳に障害が出ます。
アセトンはマニキュアの除光液に含まれることがありますが、煙の状態で体に入ってしまうと気管支炎や頭痛を起こし、女性の場合は流産するという事例もあるのです。
どの化学物質も慢性的に吸引してしまうといずれ重篤な病気にかかるという危険性を持っていることを常に意識して、喫煙に向き合うことが大切です。